Genta Hirauchi

公開日:2020/04/11
更新日:2020/04/11

【Kotlin MVP】todo-mvp-kotlinでMPVを学ぶ #1
(MVPとは、todo-mvp-kotlinのビルド)

  • MVPって何?
  • MVPの実装方法を1から学びたい

アプリ開発におけるアーキテクチャ(設計)の1つに、MVPというものがあります。

本記事では、MVPとは何か?そして、Googleが公開している、todo-mvp-kotlinというサンプルアプリのビルド方法について解説致します。

目次

MVPとは

MVPとは、Model、View、Presenterからなるアーキテクチャ(設計)の事です。それぞれ、以下の役割を担います。

Model

  • Presenterからの指示で、データベースや、リモートからデータの取得等を行う
  • 処理完了後、結果をPresenterへ伝える

View

  • UIの実装を行う
  • ユーザー操作や、ライフサイクルイベントをPresenterへ伝える
  • Presenterから結果を受け取り、UIに表示する

Presenter

  • Viewから受け取ったイベントを、Modelへ伝える
  • Modelから受け取った結果を、Viewへ伝える
引用:https://raw.githubusercontent.com/wiki/android/architecture-samples/images/mvp.png

ActivityやFragmentに全ての処理を実装するのではなく、MVPのように、それぞれ役割を持つクラスに分けて実装することで、処理がわかりやすくなります。

また、グループでの開発でMVPを取り入れることで、実装箇所の分担や、メンバーが入れ替わった際の実装内容の解説なども簡単になります。

todo-mvp-kotlinの取得

さて、MVPを学んでいくにあたり、GoogleがGitHubに公開しているtodo-mvp-kotlinというサンプルコードを使用したいと思います。

architecture-samplesのclone

todo-mvp-kotlinは、architecture-samplesというリポジトリのbranchです。まずはarchitecture-samplesをcloneしましょう。

※Macのターミナルで解説いたします。

git clone https://github.com/android/architecture-samples.git

architecture-samplesへの移動

cloneできましたら、architecture-samplesディレクトリへ移動します。

cd architecture-samples/

todo-mvp-kotlinにbranchを切り替える

cloneした状態では、branchがmasterになっておりますので、todo-mvp-kotlinへ切り替えます。

git checkout todo-mvp-kotlin

以上で、todo-mvp-kotlinのソースコードの取り込みは完了です。

todo-mvp-kotlinのビルド

では、取り込んだtodo-mvp-kotlinのソースコードを、Android Studioで開いてみましょう。

※注意
開く際は、architecture-samplesではなく、その中の、todoappを開きます。

Android Studioで開きましたら、todoappの構成を確認しましょう。以下の画像のような構成になっていればOKです。

ではアプリを実行してみましょう。

以上がtodo-mvp-kotlinのビルド手順となります。みなさん、無事ビルドできましたでしょうか?

次回は、todo-mvp-kotlinのフォルダ構成について、詳しくみていく予定です。
ありがとうございました。