Genta Hirauchi

公開日:2020/04/18
更新日:2020/04/18

【Kotlin MVP】MVPアーキテクチャで、TODOアプリを作成する #1

アプリ開発におけるアーキテクチャ(設計)の1つに、MVPというものがあります。

本記事は、ToDoアプリの作成を通して、MVPについて学習するシリーズの第1弾です。

第1弾の今回は、Toolbar、Fragment、FABを実装します。

なお、本シリーズで実装するTODOアプリのソースコードは、todo-sample | GitHubにて公開しております。

目次

Toolbarの実装

ActionBarの無効化

プロジェクトを作成した状態では、ActionBarが表示されるため、まずはこちらを無効化します。

styles.xmlの、Theme.AppCompat.Light.DarkActionBar”という部分を、“Theme.AppCompat.Light.NoActionBar”に変更することで、ActionBarを無効化することができます。

  • styles.xml
<style name="AppTheme" parent="Theme.AppCompat.Light.NoActionBar">
    <item name="colorPrimary">@color/colorPrimary</item>
    <item name="colorPrimaryDark">@color/colorPrimaryDark</item>
    <item name="colorAccent">@color/colorAccent</item>
</style>

Toolbarの実装

続いて、MainActivityのレイアウトファイルである、activitiy_main.xmlに、Toolbarを実装します。

  • activitiy_main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context=".MainActivity">

    <androidx.appcompat.widget.Toolbar
        android:id="@+id/toolbar"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:background="@color/colorPrimary" />

</LinearLayout>

idと、背景色を設定しておきます。

ToolbarをActionBarに設定する

最後に、MainActivityにて、ToolbarをActionBarに設定します。

  • MainActivity.kt
class MainActivity : AppCompatActivity() {

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        toolbar.also {
            it.setTitleTextColor(getColor(R.color.white))
            setSupportActionBar(it)
        }
    }
}

setTitleTextColorで、タイトルの色を白色に変更しております。

setSupportActionBarで、ToolbarをActionBarに設定しております。

実行結果

この章の修正内容はToolbarの実装 | GitHubからも確認頂けます。

Fragmentの実装

Fragmentの実装

続いて、Fragmentの実装を行います。TODOリストの表示などは、このFragmentに実装していきます。

まずは、Viewを実装していない、空のFragmentを実装し、MainActivityに表示するまでを実装します。

では、新たにMainFragmentというFragmentを作成し、fragment_main.xmlというレイアウトファイルも作成します。

  • MainFragment.kt
  • fragment_main.xml
class MainFragment : Fragment() {

    companion object {
        fun newInstance() = MainFragment()
    }

    override fun onCreateView(inflater: LayoutInflater, container: ViewGroup?, savedInstanceState: Bundle?): View? {
        return inflater.inflate(R.layout.fragment_main, container, false)
    }
}
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    android:background="#FAF">

</LinearLayout>

MainFragmentでは、onCreateView()にて、fragment_main.xmlをレイアウトに設定しております。

また、companion objectで、Singletonを作成することができます。

Kotlinでは、static修飾子がないため、代わりにcompanion objectが使用されることが一般的です。

fragment_main.xmlでは、LinearLayoutのみ実装しております。Fragmentの領域がわかるよう、今だけ背景色をつけております。

Fragmentの表示

Fragmentの実装ができましたら、MainActivityにこのFragmentを表示する実装を追加します。

  • MainActivity.kt
  • activity_main.xml
class MainActivity : AppCompatActivity() {

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        toolbar.also {
            it.setTitleTextColor(getColor(R.color.white))
            setSupportActionBar(it)
        }

        supportFragmentManager.beginTransaction().apply {
            replace(R.id.contentFrame, MainFragment.newInstance())
        }.commit()
    }
}
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context=".MainActivity">

    <androidx.appcompat.widget.Toolbar
        android:id="@+id/toolbar"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:background="@color/colorPrimary" />

    <FrameLayout
        android:id="@+id/contentFrame"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent" />

</LinearLayout>

activity_main.xmlに、FrameLayoutを追加しました。このFrameLayoutに、MainFragmentを追加するよう実装を加えます。

MainActivityでは、FragmentTransactionの、replace()に、FrameLayoutのIDと、MainFragmentを指定し、MainFragmentを表示するよう実装しております。

実行結果

この章の修正内容はFragmentの実装 | GitHubからも確認頂けます。

FABの実装

ライブラリの追加

続いて、MainFragmentにFABを実装したいと思います。FABとは、FloatingActionButtonの略称で、マテリアルデザインのボタンのことを言います。

FABを使用するには、Material Componentsというライブラリをbuild.gradleに追加する必要があります。

  • build.gradle
dependencies {
    implementation fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    implementation"org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib-jdk7:$kotlin_version"
    implementation "com.google.android.material:material:1.1.0"
    implementation 'androidx.appcompat:appcompat:1.1.0'
    implementation 'androidx.core:core-ktx:1.2.0'
    implementation 'androidx.constraintlayout:constraintlayout:1.1.3'
    testImplementation 'junit:junit:4.12'
    androidTestImplementation 'androidx.test:runner:1.2.0'
    androidTestImplementation 'androidx.test.espresso:espresso-core:3.2.0'
}

FABの実装

ライブラリを追加すると、FABが使用できるようになりますので、frament_main.xmlにFABを実装していきます。

  • frament_main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent">

    <com.google.android.material.floatingactionbutton.FloatingActionButton
            android:id="@+id/addTaskButton"
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:src="@drawable/ic_add"
            android:layout_alignParentEnd="true"
            android:layout_alignParentBottom="true"
            android:layout_margin="24dp" />

</RelativeLayout>

FABを画面右下に固定表示させるため、LinearLayoutからRelativeLayoutに変更しております。ついでに背景色の指定部分を削除しました。

なお、FABのsrcに、ic_addというdrawableを指定しております。こちらは、Icons – Material Designからダウンロード致しました。(名前は変更しております。)

タップイベントの実装

最後に、実装したFABにタップイベントを追加したいと思います。

  • MainFragment.kt
class MainFragment : Fragment() {

    companion object {
        fun newInstance() = MainFragment()
    }

    override fun onCreateView(inflater: LayoutInflater, container: ViewGroup?, savedInstanceState: Bundle?): View? {
        return inflater.inflate(R.layout.fragment_main, container, false)
    }

    override fun onViewCreated(view: View, savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onViewCreated(view, savedInstanceState)

        addTaskButton.setOnClickListener {
            Toast.makeText(activity, "Add Tapped", Toast.LENGTH_SHORT).show()
        }
    }
}

FABに対し、setOnClickListenerでタップイベントを追加し、タップされるとトーストが表示されるように実装しました。

将来的には、FABをタップすると、タスクの追加処理が行われるように実装を加えていく予定です。

実行結果

この章の修正内容はFABの実装 | GitHubからも確認頂けます。

今回の実装はここまでとなります。
次回は、リストの表示を実装していく予定です。
ありがとうございました。